排水パイプが原因の排水関係のトラブルについて詳しく解説するサイト『流し台のトラブル解決法』

●●●排水の詰まり●●●

【詰まりの原因】

排水パイプの内側に汚れが多く付着し、汚れなどが大きな塊になって排水の流れ道が
細くなっていると考えられます。
その狭くなった排水の通り道に、さらに汚れの塊や食べカスなどの大き目のゴミが 引っかかり、排水の流れ道が完全にふさがってしまった状態です。

【対処法】

ワイヤードレンブラシを使って詰まりの原因である汚れの塊、食べカスなどのゴミを砕き、
排水の通り道を元通り広げます。

【気をつけること】

パイプクリーナーなどの洗浄剤を使用しないで下さい。
この様な症状の場合、パイプクリーナーを使用しても問題は解決することはなく、かえって
悪い状況になってしまいます。
完全に排水が詰まった状態でまったく排水が流れない場合、洗浄剤が詰まりの原因のところ
まで流れていかないので、原因である汚れの塊を溶かすことはできません。
また、洗浄剤を使っても結局は排水に洗浄剤を混ぜただけのことになり問題は解決せず、
その後ワイヤーブラシを排水パイプに差し込んで作業することになりますのでその際、
洗浄剤が飛び散るなど危険な場合があります。
このように、洗浄剤を使うことによって後の作業がやりにくい状態になってしまうのです。

【ワイヤードレンブラシ】

ワイヤードレンブラシは一般家庭では持っている方は少ないので、業者に頼む方が
多いかもしれません。
ホームセンターなどでも一般向けのワイヤーブラシが売っているので、購入して使って
みるのもひとつの手です。
ワイヤーブラシには色々な用途がありますので、ホームセンターなどで探す場合には
店員さんに対しては排水用ワイヤーブラシ、あるいはワイヤードレンブラシと言った
ほうが探しやすいと思われます。
ちなみに、ドレンとは排水のことです。